2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
どもです、小鳥遊です。
マイミクのケンイチさんをケニックさんと思ってます(勝手に)これは、高校時代にリリィちゃんが松山ケンイチのことを「KENICHI(ケンイチ)」から取って「KENIC(ケニック)」と呼んでたからです…お陰でケンイチさんはみんなケニックさんになっています。どうもすみません。


今日もおバイトでした。毎日金稼いで生活しています。今月の給料は久しぶりに8万円超えしそうです。8万円以上稼がないのは何故でしょうねー…単純にそれ以上働きたくないからですねー…
今日は洗浄でした…正直死んだ。途中でランナーズハイもどきのセンジョーズハイみたいなんなりましたからね、もう気ぃ狂ったように洗浄しまくりましたよ…でも8時過ぎたところでガソリン切れ。まぁ体力と言うものには限りがあるので…あははは(乾いた笑い)でも最後までがっつりやりましたよ。与えられた仕事は頑張ってしますよ。でも手がすごくボロボロになってた…てか皮剥けてた。しかも肩が上がらない。明日も洗浄だったら泣いてやる…


てかね、ちょっとね。
前の恋人と別れを決めた日のことなんですけど、一緒にライヴ行ったんです。で、時間余ったから天王寺の周りうろつこうって話になって、APOLOの前まで行ったんですね。
そしたらそこに何か人だかりみたいなものが出来てて…天王寺のあの辺ってインディーズバンドの路上ライヴが盛んなところなので、また路上ライヴでもやってるのかなーって思ってたんですけど、どうも違うみたいで。
んで、そばに近寄ってみたら若いおにーちゃんが倒れてたんですよ。んで、そばにまた若いおにーちゃんが1人いて、その倒れてるおにーちゃんを蹴ったりしてるんですよ。まぁ、早い話が喧嘩ですよね。んで、おいとか、起きろよコラとか言いながら手を引っ張ったりとか、わき腹の辺りとかを蹴ったりしてて。倒れてるおにーちゃんはもう全然動かなくて、ぐったりしてて手を引っ張っても蹴っても、人形みたいに倒れたままで動かなくて…少しだったんですけど、血も出てたんです。
怖かった。あんなにぐったりして動かない人、初めて見たのもあってホントに怖かった。
周りにいてる人…30人くらいだったかな。だけど、みんな見てるだけで…何もしないんです。
んで、私たちはすぐにAPOLOに入ったんですけど、やっぱり気になるじゃないですか…あの人、ずっと倒れてるままなんですよ。誰も警察にも通報しないんですよ。
んで、あそこは映画館があるので、警備員さんがいるんですよ。んで、私は「外で倒れてる人がいるって警備員さんに言おうよ」ってその人に言ったんです。そしたら「そんなの他の人がやるから良いじゃん」とか「気持ちは分かるけど、そんなことしなくていい」とか他にも言われたんです。その人が警備員さんのところに行かせてくれなかったから、私は言えなかった。しばらくして見たら、警備員さんはいなくなってたから、誰か他の人が言ったのかなと思ったんですけど。
しばらく中で過ごして、外に出たら警察の人が立ち去るところで、もう人だかりもなくなってました。地面には血痕が少しと、洗い流した跡が残ってました。

たかが若いにーちゃんの喧嘩かもしれない。
喧嘩を止めようと言ってる訳じゃない。
その場で警察に通報しようと言ってるわけじゃない。
あの人が死んでいたとは思わない。きっと、脳震盪か何かで気を失っていたんだろうと思ってる。
私は、通りがかっただけかもしれない。私は、関係ないかもしれない。
だけど、私が「人が倒れてるって警備員さんに言おうよ」と言ったのは、考えたのは、間違っていますか?
警備員さんだから、警察じゃない。だけど、人が倒れてるから行ってくださいと頼んだら行ってくれるはず。私が喧嘩を止められるとか、あの人を助けられるとか、そこまで大げさなことは思わない。あの人だって、喧嘩してたんだから悪いのかもしれない。だけど、人が倒れている、その状況を放っていて良いとは私は思わない。
周りの人は、ただ見てるだけだった。周りの人にも、私は喧嘩を止めろとかその場で警察を呼べとか、そこまで言わない。みんな、関わりたくないのだろうし、ある意味見世物的な表情で見ていた人もいた。
私がわざわざ、警備員さんに言う必要はないかもしれない。だけど、誰かが言わないと、倒れてるおにーちゃんはもっと怪我していたかもしれない。
きっと、人は私のことを偽善者だとか何とか罵るんだろう。
だけど、私はその日のことがどうしてもつっかかって残ってる。ある意味、後悔している。どうして、あの人を振り払ってまで警備員さんのところに行かなかったのだろうと。
数年前に本屋で万引きをしたのを見たときもそうだった。私はこの目で見たのに、目の前でおじさんは私を見てニヤッと笑って本屋を出て行ってしまった。

私は困ってる人を見ると助けようと思う。悪いことは、悪いと思う。
こう口にすると正義感ぶってるとか、偽善者だとか、いい子ぶってるとか言われる。酷いときには、自分に酔ってるとか、自己満足だとか言われる。
だけどそれは間違っていることか?困ってる人を見たら助けるのが当然ではないのか?大変そうな人が居たら手を貸して、自分がしんどくないときは電車で席を譲って…当たり前のことじゃ、ないんだろうか。

DEATH NOTEで魅上照が出たとき、私はものすごく共感を感じた。私に似ているものがあったから。
私だって悪などなくなればいいと思っている。きっと、その感情は人より強いと思う。それは、私も犯罪の被害者になったことがあるから、余計にそう思うのかも知れない。毎日ニュースを見るたび、こういうやつはみんな死んだらいいと思うときもある。
衝動的な事件は仕方ないと思うときもある。そういうときも、きっとあるのだろう。衝動的なことをした後は、酷く後悔することが多い。きっとそんな人たちは、死ぬほど後悔して、後々の人生を生きていくのだろうと思う。
だけど自己満足のための強姦や、罪のない子供を殺したり等、そういうニュースを見るたびに全員死刑にすればいいと強く思う。そんな人たちが刑務所で数年過ごして、また出てくるなんておかしい。人1人殺しておいて、自分はしばらく刑務所で過ごして、また生きようなんて何て汚くてせこい話なんだろうと私は感じる。

純粋に人を助けたい。
正しいことは正しい、悪いことは悪い。
そう思うことはいけないんだろうか。

偽善者、いい子ぶってる、自分に酔ってる、自己満足…
世間と言うのはそんなものなんだろうか。
その「正義」に自分が助けられることだってあるだろうに。

私はいつだって、自分で正しいと思ったことを。
自分の正義感が強いことを、誇りに思っている。
スポンサーサイト
 | 未分類  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://sweetroid.blog89.fc2.com/tb.php/184-f048aeb9

プロフィール

当面のスケジュール

おともだち

ハピネスファクトリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

カテゴリー

新着徒然

月別アーカイブ

小鳥遊凛へメール